北田 悠氣

Yuki Kitada

株式会社SUNS 代表取締役


目標を達成し起業!そして新たなる目標へ

高校を中退し、16歳で建築関係の仕事に就くが、もっと色んな経験をしたいと思い、富山から京都へ移る。
BARにて2年勤務したあと、しばらくフリーターとして職を転々としていたが、たまたま見つけたパレットの求人の独立支援制度に惹かれ、興味本位で面接へ。
今はパレットから独立し、大阪京橋にて株式会社SUNSを設立。さらなるオフィス展開を目指して、後継者を育成中。

―株式会社SUNSのビジネスについて

セールスアウトソーシングをメイン事業に動いています。クライアントである上場企業のメーカー様の新規顧客開拓時支援を、大阪を中心に全国で行っています。

―起業したい、社長になりたいと思った理由

まずは収入面ですね。今まで色々な仕事をしてきましたが、やっぱり頑張っても頑張っても収入ってそこまで上がらないんですよね。自分自身が頑張った分の収入が欲しかったですし、今やりたいこともたくさんあるのでやっぱり自分自身で頑張って頑張って、たくさん稼いでそこに繋げられたら、ということで起業しようと思いました。もう一つが「時間」です。やっぱり時間って限られていますし、どうせなら人生の中で好きなことに時間を使いたいと思っていたので、時間を管理されるのではなくて自分が管理していく立場になりたいと思いました。そのためにはやっぱり自分がトップになる必要があると考えたことが、起業に向けて動き出すきっかけとなりました。

―パレットで独立を目指す魅力

パレットで独立を目指すメリット・魅力としては、まずは仲間がいること。自分がやりたいことを見つけていってそこに向かってひとりひとりが切磋琢磨して頑張っていけるところがまず一つ目の魅力かなと思います。仲間がいることで刺激がもらえますし、逆に刺激を与えることもできます。もう一つは、サポートがしっかりしているというところです。経営に必要なノウハウやスキルが働きながら学ぶことができるということろが非常に魅力的かと思います。

―独立までの道のりで、失敗したと感じたこと

僕の中で後悔したことがありまして、それが「チャレンジしなかったこと」なんです。結構、僕は自分に自信がない人間なので「自分には無理なんじゃないか」とか「自分には向いていないんじゃないか」とか「自分にはセンスがない…」という風に思ってチャレンジしなかったことが多くありました。もっと色んなところでチャレンジしていたら、もっと早く独立できたと思いますし、もっと成長や変化が自分自身にあったんじゃないかということが、僕の中で後悔としてあります。

―SUNSの代表として大切にしていること

それは「貢献」です。クライアント、そしてうちのスタッフが日々一生懸命頑張ってくれているので、弊社の事業もどんどん大きくなっています。ですので、しっかり僕自身がクライアント様、そしてうちのスタッフに色々なものを貢献していきたいと思っています。

―今後のビジョン

3年以内に全国で20か所、拠点を広げていきたいと考えています。その中で20人の経営者をどんどん育成していって事業展開。どんどん人材を集めて拡大していきたいです。


COLORS PROJECT
エントリーはこちら