社長メッセージ

MESSAGE


ヒトをつくる会社を目指す

パレットをつくったきっかけ

もともと起業したいとか、そういうことを考えていたわけではなかったんです。今とは全然違う仕事をしていましたが、たまたま福岡での仕事でご縁をいただいて、とある社長さんのお話を聞く機会がありました。その方がやっている事が、すごく魅力的だったんです。今でもその方を自分のビジネスの師匠と思っていて、色々なことを教えてもらいながらやっています。その人に対する憧れが一番強くて、その人に追いついてみたいと思った。それが、起業してみようと思い立ったきっかけです。その時は父親の会社の役員をやっていたんですが、それはすぐに辞めて「起業するんだ。」と。親や周りの人全員から反対されたんですけど、それを押し切って起業の道に進みました。そして今に至ります。

行きたい「場所」に行ける会社。

もう少しワガママでいてほしいかなと思います。ワガママというと一般的には悪いことというか良いイメージはしない言葉なんですけど、人に対してのワガママではなく、自分の人生に対してのワガママというか、もう少し「欲しいものは欲しい!」「意地でも手に入れる!」「どんなことをしてもね」という気持ちを持ってほしいと思っています。行きたいところにはどんな手を使ってでも行ってほしい。そういうワガママなパワーというのは、僕自身が今ここにいるっていうこともそうですが、すごくたくさん色々な人に迷惑をかけてきたし「なんだこいつ」と思われることもたくさんあったんですけど、「どうしても欲しかったから」「どうしても行きたかったから」今の僕があるので、そういった思いがある人、それを話せる人にぜひ来ていただきたいなと。入ることで皆さんの行きたい「場所」に行けるような会社。PALETTEのWEBページにも書いてあるんですけど、皆さんにとってPALETTEが人生の経由点になればいいと思っているので、面接でお話するだけでもいいです。自分はこうなりたいという強い思いがある方や、あるいは今から行く「場所」を探したい方とか、そういった方にもぜひ面接にきていただきたいと思っています。

日本一のオフラインマーケティング

僕個人としてはやりたいことはたくさんあるんですけど、会社の代表としての自分のビジョン、会社をどういう風に持っていきたいかというと、日本一のオフラインマーケティングの会社にすることを目指しています。今の時代SNSとかデジタルなものを通じて世の中が出来上がってるという要素がすごく大きいと思います。それに対して僕らがやっていることは、人と人との繋がりや人から人に何かを渡したりあるいは受け取ったり、というようなことをメインのい仕事にしていて、それを究極のものにしていきたいと思うんですね。デジタルでは繋がれない人と繋がったり、デジタルでは伝えられないことを伝えたり、そういったことをビジネスにしたい。会社の面接にきていただいた方や興味のある方には全部お話させてもらうんですけど、すごく壮大な規模でやっていこうと計画しています。舞台は日本だけではありません。今世界中の人がデジタルで繋がっていますが、それを人と人とがアナログで繋がれる、僕らがそのハブとなる会社になれれば、もっと面白い会社になるんじゃないかと思っています。いずれは世界で仕事をするんですけど、先ほど言ったような日本一のオフラインマーケティングに興味のある方は、面接の際に聞いていただければ2時間でも3時間でもお話させてもらいますので、よろしくお願いいたします。


COLORS PROJECT
エントリーはこちら